「コンパクトな敷地に穏やかな光がふりそそぐ、開放感のある家」

八幡東区H様邸 建築家 鹿田健一朗 先生

UA値 0.47W/㎡k  C値 0.2c㎡/㎡

コンパクトな敷地ですが少し高台にあるため、きれいな山の景色や夜景がいつでも見られるように、高い位置に窓をもうけました。
スケルトン階段と窓から入る穏やかな光で開放感のある空間となりました。
床板はお施主様ご希望のヒノキの節無しを採用しました。

キッチン回りに造作カウンターをもうけ、食事をしたり勉強をしたりといつでも家族の気配を感じるようにしました。